東京マラソン、無事完走しました

全くと言っていいほど練習していなくて臨んだ初めてのフルマラソン
10キロくらい走れればいいなと思っていたのですが
6時間半で、無事完走することができました!

当日は朝5時起きでしたが、緊張で眠気はあまり感じませんでした

都庁の会場に着いた時はすでにものすごい人、人、人!
トイレもすごい行列
手荷物預かりをぎりぎり3分前にすませて、待機場所へ向かいます

上空にはヘリコプター、スタート地点から遥か遠く離れた場所で
待機をしていましたが、
9時10分になると花火があがり、前のほうから拍手が広がってきて
スタートしたことが分かりました

それから25分後にようやくスタート地点を通過。
初めの10キロは予想以上に余裕で通過することができて
自分でもびっくりしました
とゆうか、周りの応援がすごすぎて休んでる暇がなかった
練習で走った時は5キロでばてていたのが嘘みたい
あと、自分ひとりではなくて3万5千人もの人と一緒に走れたことも
すごくすごく力になりました

沿道から絶えず聞こえてくる声援と、みんなからの差し入れで
本当に元気をたくさんもらった私
意外といけるじゃん!

そんな余裕があったのも、前半だけでした
17キロを通過したあたりで着地するごとに足のうらに痛みを感じてきて
浅草の折り返し地点を過ぎた30キロあたりからは
ひざの下が突っ張るように痛くなっていました
水戸黄門とかケロロとかアフロとか、
面白い仮装しながら走ってる人にどんどん抜かされていくのが、なんとなく悔しい。。

徐々に足が上がらなくなって、応援に来てくれていた彼の母にも
疲れたとか足が痛いとか弱音ばっかり吐いてました

でも、「痛いのはみんな一緒!」と背中を押してもらって
築地を過ぎた35キロから先は気力と根性で走ってました
と言っても足が思い通りに上がらなくて歩くことしかできなかったです
でもゆっくり歩くのは悔しくて一生懸命手を振って
できる限り早く歩きました

残り7キロは強風と雨との戦い
体力はとっくに限界を超えてたけど、
さらに台風みたいな雨と風にさらされて
ビショビショになりながら足をひきずって
ゴールのビックサイトに入りました

                     完走記念メダル
a0070104_1563523.jpg


                  裏に「FINISHER」と書かれています
a0070104_1585939.jpg


本番前にパンフレットを眺めていた時は、浅草とか銀座までは
たぶん行けないだろうなぁと思ってました
体力的には限界を超えていたし、一緒に走ってくれた人と
沿道の応援あっての完走だと思ってます
スタッフのみなさんと応援に来てくれた人達に、
もう一度「ありがとう」と伝えたいです
あさって卒業式を迎える私にとって、またとない卒業記念になりました058.gif
[PR]
# by youdao | 2009-03-23 11:03

シルクドゥソレイユ・コルテオ

先日、原宿まで観に行ってきました
(と言っても1週間近く前です)
本格的なサーカスを見るのは初めてでとても楽しみだったのですが
期待以上に素晴らしい演目と演出でした

真っ暗な場内にキラキラしたイルミネーションや
場内を真ん中で仕切るカーテンがとてもきれいで、
そしてあのテーマソングをはじめ迫力ある音楽が
ショーの雰囲気をより盛り上げてくれて、
外とは違う不思議な世界を味わうことができます

想像以上の楽しさで、この勢いのまま"ZED"も観に行きたいほどです。
[PR]
# by youdao | 2009-03-21 15:27

カットモデル

ご無沙汰しています
先日、友達に頼まれてカットモデルに行ってきました
初めてのことだったのでどうしようか迷ったのですが、
中学時代の友達と一緒だったので行ってみることにしました
カラーやスタイリングなどの仕込みに4時間半もかけて丁寧にやってもらい、
撮影は30分とかからず終わってしまいました
非常に幅広く活躍されている美容師さんのようで、
新しい世界を覗くことができた気がします
とても楽しかったです
(思いがけずギャラまで頂いて、お財布も喜んでます)
[PR]
# by youdao | 2009-03-05 11:15

コンデンスミルクで生キャラメル

コンデンスミルクで生キャラメルを作ってみました
テレビで簡単に作れるというのをやっていたので早速挑戦

と言っても、市販のコンデンスミルク缶を鍋の中で2時間湯煎するだけです
その間はテレビ見たり他のことしたりできるので全然料理って感じしないです
実験みたい

缶のふたを開けるのか開けないのかで相当父ともめたけど
結局ちょっと穴をあけました
テレビでは開けていなかったんだけど爆発したら嫌だしね

缶のまま2時間ぐつぐつ煮るんだけど、なんとなく5時間くらい煮てました

ふたを開けたら、見た目はコンデンスミルクのまま
アレ?って感じです
かき混ぜると下の方から生キャラメルみたいなのがちらほら見えました

時間が足りなかったのかなってことで、更に1時間くらいふたを開けたまま
かき混ぜながら湯煎してみました

だんだんと均一に茶色くなってきて、ようやく完成

思った以上に時間がかかりましたが
甘くて口に入れるととろける食感はまさに生キャラメルです
[PR]
# by youdao | 2009-01-13 13:47

弔い

1月3日、天国へ旅立ったショコちゃんへ
遊びに行くたびに嬉しそうに出迎えてくれてありがとう
これまで何度も窮地を脱してきていたから
今回ももしかしたら大丈夫なんじゃないかなぁと勝手に思ってました
まるで寝顔のようだったけど
とても苦しんだということを聞いて私も胸が苦しくなるのを感じました
お花できれいに囲ってもらっているショコちゃんを見て
それから
ショコちゃんの家族みんながあんなに苦しそうに涙を流しているのを見て
あなたはこんなにもみんなに愛されていたんだなぁとつくづく感じました
冥福を祈りたくてここに記します
どうか安らかに
[PR]
# by youdao | 2009-01-06 10:23

ウォン安韓国旅行

1泊3日というちょっとした弾丸ツアーみたいな感じで、ソウルに行ってきました
はじめての韓国旅行!
今は何といっても円高ウォン安ってことで
おいしいものたくさん食べて、ショッピングとかアカスリとかチマチョゴリとか
韓国でやってみたかったこと思いっきり楽しんできました!

気温は氷点下で、はっきり言ってめちゃくちゃ寒かったけど
道を歩いてるだけで露店とか屋台とかたくさんあって
思わず立ち止まって眺めてみたり。

韓国語はアニョハセヨ~くらいの知識だったけど
みんな日本語話せるし、
話せなくても雰囲気で普通にコミュニケーションとれてしまうし
最高に面白かったです♪
a0070104_23195349.jpg

値段安いうちにまた行けたらいいな056.gif
[PR]
# by youdao | 2009-01-04 23:16

祝・23歳

今日、23歳になりました。

「誕生日おめでとう」
と言ってくれたみんな、ありがとう!
年をとるごとに、昔みたいな特別の日というような感じはなくなってきてるケド
久しぶりの友達とかと連絡を取るきっかけができるのはとても有難いなーと思います♪
23歳は、最後の長い春休みを思い切り満喫してから社会に飛び出たいです。
そしてがっちり貯金をしたいと思います!
[PR]
# by youdao | 2008-12-30 21:48

高速教習

教習で、今日初めて高速乗りました!
キンチョーしたけど無事終わってよかった
[PR]
# by youdao | 2008-12-08 15:08

1級

果然没考上
合格率只为2.7%
再努力努力吧
[PR]
# by youdao | 2008-12-06 18:13

屋久島ひとり旅(終わり)

11/6(木)

屋久島での冒険も今日で終わり
あとはおみやげ買って帰るだけです

この日は朝起きたときからものすごい筋肉痛
3日間くらい痛みがぬけなかったです


まずは腹ごしらえ
a0070104_1659753.jpg

屋久島ミラクル(?) 道端でおでん缶の自販機を発見
a0070104_16355186.jpg

a0070104_16374451.jpg

            ラーメン、坦々麺、カレーうどん、肉じゃが・・・
確かに登山の保存食には向いているかも。

朝だけパラパラと雨が降っていたけれど、お昼頃になるとけっこう暑くて
たんかんシャーベットを食べました
a0070104_16425378.jpg

これがおいしい!
中にたんかんのつぶつぶした果肉や砂糖漬けの皮が入っていて
とってもさっぱりしてました

a0070104_1646266.jpg

さようなら、屋久島


帰りのフェリーの中では、鹿児島から来たファミリーっぽい人たちに混ぜてもらって
ちゃっかりおやつを山盛りもらって帰りました
そこでまた、偶然にも昨日会った登山大好きのおじちゃんに遭遇

何日か島にいただけで、あ、あの人あそこで会ったなっていう人がたくさんできるし、
すぐに顔見知りになれるところなんかが屋久島らしいのかなとつくづく思いました

一人旅を振り返ってみると、「私ひとりでもできたじゃん!」って感じです
友達と一緒にどこか行くのももちろん楽しいけど、今回自分ですべて計画を立てて用意をしたおかげで、屋久島のこともすごくよく知ることができたし、とても計画的に過ごすことができた気がします。屋久島はご飯も空気もほんとにおいしいし島の人もみんなやさしくていい人ばかりで、いつかこんなところに住めたらいいなぁと思いました。卒業前に良い思い出ができました058.gif
[PR]
# by youdao | 2008-11-13 16:22

屋久島ひとり旅(5)

11/5(水)
朝4:00過ぎに起床
今日は屋久島の主、縄文杉に会いに行きます

隣の「八百八」にお弁当を取りに行って、準備をしてバスに乗車
昨日は必要ない荷物が多すぎてすごく大変だったので、今日は必要最低限のみ
宮之浦から登山口まではバスで80分くらい

6:30頃、荒川登山口に到着

なにやら遠足っぽい高校生がワサワサいました
体育のジャージみたいな軽装でパッパパッパと登っていました

山の朝はやっぱり寒い
でもトロッコ道を歩いてるうちに上着がいらないくらい汗が出てきます
a0070104_171124.jpg

このどこまでも続くようなトロッコ道は、延々2時間くらあります
なんだかディズニーランドみたいで、私はけっこう楽しかったです
a0070104_1033506.jpg

                   つり橋もたくさん渡ります
a0070104_169363.jpg

          かつては小学校もあったという小杉谷集落跡

トロッコが終わってからの山道は半端なくつらかった
とにかくずっと岩とか木とか手すりをつかみながら進んでいきます
a0070104_1745698.jpg

a0070104_17433310.jpg

a0070104_17453785.jpg

              こんな杉やそんな杉、あんな杉があったり
a0070104_1720683.jpg

a0070104_171927.jpg

                    お猿や鹿に遭遇したり。

歩き始めて3時間くらいでやっとウィルソン株が登場
a0070104_17224215.jpg

木々に囲まれた中心に、緑の苔むした巨大な切り株があります
初めは大きすぎて気付かず、素通りしそうでした
a0070104_17244360.jpg

               近づくとこんな感じ。中に入っている人が見えます
a0070104_1725479.jpg

少し斜めになってしまいましたが、
ウィルソン株の中から上を仰ぐと、ハート型に見える場所があります

スタートして3時間半くらいでついに縄文杉に到着~
正直言って、疲れすぎていたのと到着までに飽きるほど杉を見ていたのとで
思っていたほどの感動はなかったけれど
やったー!というものすごい達成感を得ることができました
a0070104_1603735.jpg

一般的な杉の寿命が500年程度なのに対して、屋久島の杉は2000年も3000年も生きています。ゆっくりとそして強く育った屋久杉に囲まれていると、なんだか「人生そんなに急がないでもいいんだよ」って言われているような気がしました。

a0070104_17264786.jpg

                   帰りにウィルソン株で記念撮影
偶然横にうつったおじちゃんと一緒に下山することに
日本中の山という山を登りあさってるらしく、自宅よりも車で寝るほうが多いとか
食パンで生きているとか
フィリピンのデパートの話とかとにかくいろんなこと皆で話しながら帰りました
a0070104_16114978.jpg

往復7時間以上!よくこんなに歩いたな~と自分でも感心です

宿までは、またまたレンタカーの友達に送って行ってもらいました☆ラッキー
こんなことならバス切符かわなくても良かったな

夕食は念願だった首折れサバのお刺身
a0070104_17275179.jpg

                  ぷりっぷりしてておいしかった~

宿に帰ったら、今夜こそほんとにバタンキュー
泥のように眠りました
[PR]
# by youdao | 2008-11-12 09:55

屋久島ひとり旅(4)

11/4(火)
素泊まりの宿って初めてだったけどぐっすり寝られました
今日はもののけ姫の森のある「白谷雲水峡」へ向かいます

朝トイレに行くと、昨日バスで一緒になった千葉のお姉さんが洗面所に!
なんと同じ宿だったみたいで、ビックリ仰天
運命の相手は異性とは限らないとかいうコーヒーのCMあったけど
ほんとそんな感じ
もう縄文杉も行ってきたとのことだったので参考に天気とかいろいろ話聞けました

8:00頃、宿のとなりにあるお弁当屋さん「八百八」で朝とお昼の分のお弁当を
受け取り、バスに乗って白谷へ
a0070104_1846259.jpg

                     八百八の朝弁当 おいしかったです

白谷雲水峡までは宮之浦からバスで40分ほど
a0070104_933080.jpg

                      ヤクシカに遭遇した
普通の路線バスなんだけど、途中にサルとかシカとかいると
わざわざ止まって見せてくれるし
ヤクシカは興奮するとお尻のハートが大きくなるとか
サルはこうゆうの食べてるとか
運転手さんが色んな解説をしてくれて、ツアーかなんかの観光バスみたい

往復4時間くらいのコースって言われているけど、ひとりでぱっぱぱっぱ歩いて行けば
3時間で帰ってこられます
山の中の空気はすごく湿り気があって、とってもしっとり
a0070104_985216.jpg

地面はもちろん、岩とか樹木とか、木の枝に至るまでコケで覆われててすごくキレイ
屋久島に来て初めて、コケってきれいなんだと感じました
信じられないくらい長い年月で作り上げてきたものだから絶対に踏んではいけないと
なにかに書いてありました
なので気をつけながら歩きましたが、途中そっと手をふれてみたら
小さな葉っぱ?がたくさん重なっているところにたくさんの水分を乗っけていて
ミクロの世界の生命力に感動*

途中坂道とか階段があるけど、全然きつくないじゃん!

と思ったら最後でものすごい山道が待ってました
手で周りにしがみついてないと転がり落ちそうな登山道
ひーひー言いながらどのくらい登ったんだろう
背中の荷物が重い・・・

でもその先にはこの上なく見晴らしのいい(はずの)太鼓岩が待ってます
a0070104_9141085.jpg

         晴れていれば屋久島の山々が見渡せるんだけど、残念!

a0070104_1348756.jpg

                    一人旅の仲間もできました♪

みんなで仲良く下山した後、レンタカーに乗せてもらって、みんなで屋久島名物のトビウオ料理を食べました
屋久島は実はトビウオの水揚げ量日本一!!
ぜひ食べてみたいと思ってました
a0070104_9283383.jpg

                 トビウオのから揚げ&つけ揚げ(さつま揚げ)

身がぷりっぷりしてて、とってもおいしかった~

もともとは下山したら特に予定はなかったんだけど、レンタカーに乗せてもらって
島の南側にある尾之間(おのあいだ)温泉に連れて行ってもらいました

行く途中、なんと100円ショップ「キャンドゥ」を発見(笑)

尾之間温泉は、地元の人しかいないようななんだかとても風情のあるところでした
硫黄の匂いかな、すごい独特のにおいがして、お湯はめちゃくちゃ熱い
熱湯風呂みたい・・・笑
でもお肌がトロントロンに!
あとで聞いたら、お湯の温度が49度あるみたいです
熱いわけだ

そのあとは近くにある一枚岩で出来上がっているという千尋(せんぴろ)の滝を見に行きました
a0070104_944992.jpg

一尋っていうのが両手を広げた時の大きさの単位で、その千倍もあるような
大きさってことらしい
2、3キロは離れているのにゴウゴウとものすごい響いてました

登山疲れもあったので今夜もぐっすり寝られそう・・・zzZ


と思ったら夜に宿のおっちゃんに起こされた
どうやら夜ごと晩酌をしてるらしく、誘ってくれたみたいです
屋久島の名酒「三岳(みたけ)」をいただきました
けっこうひょうきんなおっちゃんでした

明日帰るという千葉のお姉さんも来て、最後に一緒に飲めて良かった
[PR]
# by youdao | 2008-11-11 18:26